2008年11月19日

【暮らしの相談】
隣家のアンテナの修理代は

 先日の突風で隣家のアンテナが倒れ、我が家との間に駐車している両家2台の車の上に落ちてきそうになりました。隣家の方は旅行中なのか不在で連絡も付かないため、仕方なく修理業者を呼びアンテナを元の位置に固定してもらいました。

隣家の方が帰宅されたたら、修理代金の支払いをお願いしようと思っています。このような場合、私は隣家に修理代金の全額を請求できるのでしょうか?



 貴方の行為は、民法に規定がある「事務管理」と考えられます。

事務管理とは、要約すれば「義務が無いのに、他人のために自ら他人の利益になることをする」ことです。そして、「管理者は、本人のために有益な費用を支出したときは、本人に対し、その償還を請求することができる。」と規定されています。管理者とは貴方、本人とは隣家にあたります。有益な費用には保存行為(貴方がしたアンテナの現状維持行為)も含むとの判例もあり、隣家に修理代金全額の請求ができると思われます。

しかし、様々な法律問題が絡んでくる事もありますので、隣人の反応によってはそれなりの対応が必要になります。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2水曜13時〜16時)と多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。
posted by 川崎北支部 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック