2008年11月21日

【暮らしの相談】
病気がちな妻の世話をしてくれる従妹に全財産を譲りたい

 私の死亡後、病気がちな妻の介護が心配です。私には一人娘がおりますが、妻の介護ができる状況ではありません。そこで、かねてより妻の介護をしてくれている従妹に全財産を譲り妻の介護をしてもらうという遺言を書こうと考えていますが、大丈夫でしょうか。



 奥様の介護を負担として遺産を譲ることを「負担付遺贈」といい、ご質問の内容の遺言を書くことはできます。しかし介護の具体的な内容は、あなたや奥様、お嬢さん等それぞれで考えているレベルが違うはずです。皆が「こんなはずではなかった…」にならないよう、遺言を書く前に皆さんで話し合いを重ね、合意した内容を遺言に明記しておくとよいでしょう。

もしきちんと実行されていないと判断した時には、相続人から家庭裁判所に遺言の取消請求ができますから不安は和らぐと思います。なお、「負担は遺贈の目的物の価格を超えない」という制限がありますから、介護の内容は譲られた財産の範囲に留めておくと、従妹も介護をしやすいと思います。

遺言は様々な問題が発生しがちですので、作成の際は専門家にご相談ください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2水曜13時〜16時)と多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。
posted by 川崎北支部 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック