2008年11月19日

【暮らしの相談】
注文していない商品が届いたのですが

Q 注文もしていない商品が突然届き、困惑しています。どうしたらよいでしょうか。


 このような話をよく耳にしますが、送りつけられた方は戸惑うことでしょう。「購入しない場合は、1週間以内に商品をご返送下さい。返送なき場合は購入の承諾とみなします。」などと書かれているとなおさらです。

このように、注文した覚えのない商品を一方的に送りつけ代金を請求するやり方を「送りつけ商法」といい、悪徳商法の一種です。そもそも売買契約の成立には、「売る」と「買う」という双方の意思の合致が必要です。あなたに買う意思が無ければ売買契約は成立しませんので、支払いの義務も返送の必要もありません。

売買契約に基づかずに送りつけられた商品は、特定商取引法で、送り主は商品が届いた日から起算して14日を経過するまでに引取らなければ、商品の返還を請求できなくなるとしています。この期間を過ぎれば、この商品を自由に処分してよいことになります。ただし、期間満了までに使用したり処分したりすると、購入の意思があったとみなされることもありますので注意してください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2水曜13時〜16時)と多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。
posted by 川崎北支部 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。