2009年04月03日

【暮らしの相談】
父の死後、異母姉がいることを初めて知ったのですが

: 先日、生涯独身で一人暮らしの兄が亡くなり、父と母もすでに他界し、相続人は兄弟姉妹である私と妹の2人だけと思っておりましたが、昨日、私たち兄弟姉妹の父は再婚で、前妻との間に娘がいると聞きました。そこで、異母の姉が、相続の上でどのような立場なのか。連絡先の調べ方についても教えてください。兄の遺言はありません。


: お話の通りですと、異母の姉にも、貴女と妹さん同様に相続権があります。ただし、異母の姉は、お父さんのみが同じ半血兄弟であるため、法定相続分は貴女と妹さんの半分です。具体的には、貴女と妹さんが各5分の2、異母の姉が5分の1です。

お兄さんの遺産を、協議によって分割するには、異母の姉の参加が必要です。相続証明として、お父様の戸籍をたどる中で、異母の姉の本籍を調べ、戸籍の附票等から現住所を知ることが出来ます。仮に異母の姉が亡くなっている場合は、その方の子供を交えて遺産分割をする必要が出てきます。不明点は、行政書士等の専門家にお尋ねください。



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。
posted by 川崎北支部 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。