2009年05月20日

【暮らしの相談】
兄弟には相続させず、全財産を配偶者に渡したいのですが

Q:私たち夫婦には子供がいません。また、お互いの両親、祖父母もすでに他界しております。私の父が亡くなった時、相続の話し合いが揉めて、その後兄弟たちとは疎遠になってしまいました。夫はもともと兄弟仲が悪く、結婚以来、夫の兄弟との交流はありません。どちらかが先に亡くなった時、揉めずに、財産をもう一方に全額残したいと思っています。どうすれば良いでしょうか。

A:お話を伺ったところ、ご夫婦にはお子さんがなく、それぞれのご両親や祖父母も皆すでに亡くなっているようですので、相続人は配偶者と亡くなった方の兄弟ということになります。法定相続分は、配偶者が4分の3で、兄弟が4分の1です。

もし、配偶者に全財産を相続させたいというご希望であれば、その内容の遺言をする必要があります。ご夫婦が、お互いに全財産を相続させるという内容の遺言書をそれぞれ作成しておけば、兄弟には遺留分という法定されている最低限の取り分はありませんので、そのまま財産の全額を生存する配偶者に残すことができます。詳しいことはお近くの専門家にご相談下さい。



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック