2009年09月14日

【暮らしの相談】
離婚してすぐ再婚したいのですが

:私は2ヶ月程前に離婚しましたが、1ヶ月前に知り合った男性から求婚されました。ところが、女性には6ヶ月の再婚禁止期間があると聞いています。再来月に男性が海外赴任するので、籍を入れて同姓で同行したいと考えておりましたが、それはどのような事情があっても叶わないことでしょうか。


:再婚禁止期間とは、「女性が再婚をする場合には、前婚の解消または取り消しの日から6か月を経過した後でなければならない」と法律で定められている期間です。この法律が定められたのは、離婚後に生まれてきた子の父親が誰であるかを確定しやすくするためです。

ただ、この期間にも例外があります。つまり、生まれてきた子の父親の確定について心配がなければ、再婚禁止期間であっても再婚できるわけです。具体的には、(1)前婚の解消または取り消しの前から懐胎していて出産した場合、(2)前婚の夫と再婚する場合、(3)夫の生死が3年以上不明であることを理由として前婚につき離婚判決があった場合には、この再婚禁止期間に関係なく再婚できます。

詳しくはお近くの専門家にお尋ねください。



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。


posted by 川崎北支部 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。