2009年11月13日

【暮らしの相談】
香典が余ったら

 父親の葬儀に際し、必要な費用はいったん全額を喪主である私が支払いました。その後集計すると、かかった費用よりも多額の香典をいただいていました。母は既に亡くなり、姉と弟がいますが、この香典は全て私が受け取っても良いのでしょうか。相続には何か関係してきますか。



 香典は、相互扶助の精神に基づき、喪主の葬儀費用などの負担を軽くするために贈られるものと考えられています。この趣旨から、香典を葬儀や法要にかかった費用に充当して、残ったお金も、喪主である貴方に贈られたものと考えられます。

しかし、喪主が、香典の残りを自分一人で受け取ることにためらいがあり、相続人で分けたいと考えるならば、ご兄弟で話し合われてはいかがでしょうか。香典は、相続財産ではないので、遺産分割の対象にはなりませんが、遺産と残った香典の分け方を、一緒に話し合うのは問題ないと思われます。

相続に関して詳しくは、行政書士等の専門家にご相談ください。



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック