2010年02月11日

【暮らしの相談】
遺産分割協議に期限はありますか

:半年前に父が亡くなりました。相続人は母と私たち姉妹の計3人です。遺産分割はいつまでにしなければいけないのでしょうか。なお、遺言書はありません。


:いつまでに分割をしなければならないという法的な決まりはありませんので、相続人全員が納得するまで時間をかけて協議をしても構いません。

しかし時の経過とともに、例えば相続人のどなたかが亡くなって新たな相続人が出現したり、どの財産が相続財産に属するものなのか不明確になったりして、事態が複雑化することが考えられます。また、遺産分割が終わるまで相続人全員の共有となっている相続財産については、その処分や活用という点から不便が生じることもあります。なお相続税の納付対象となる場合(全相続の4%程度ですが)や相続時精算課税制度を利用されている場合などは、特別な配慮が必要となりますのでご注意下さい。

いずれにせよ遺産分割の協議は、あまり時間をかけ過ぎない方が良いといえます。詳しくは、行政書士等の専門家にお尋ねください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。