2010年10月18日

【暮らしの相談】
遺産分割協議が成立するまでの間の家賃の行方は

:父の死亡に伴う遺産分割協議が、2年を経過して、やっと成立しました。遺産のうち、賃貸マンションは、長男が取得することになりました。そうなると、遺産分割協議が成立するまでの約2年間の家賃収入も、すべて長男のものになるのでしょうか。


A:長男が遺産分割によって、遺産である賃貸マンションを取得することになっても、お父様が亡くなった後、遺産分割協議が成立するまでの間に生じ、得られた家賃収入は、相続財産とは別個の財産であり、各共同相続人の法定相続分に応じた共有財産となります。

もし、相続人の中の1名が約2年間の家賃を収受していたとすれば、各相続人が法定相続分に応じた金銭を引き渡すように請求できると考えられますが、その間に維持管理費、固定資産税等の支出が生じ、相続人のどなたかが負担している場合もありますので、分割協議を行って清算しなければならないこともあるでしょう。詳しくは行政書士等の専門家にご相談ください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック