2011年01月14日

【暮らしの相談】
私の死後、遺産を寄付したいのですが

 私には親・子・兄弟はなく、法定相続人はいません。私の死後、全財産を慈善団体に寄付する方法について教えてください。

 あなたの遺志を実現する方法として、「遺贈」と「死因贈与」があります。

まず、遺贈は、法律の厳格な要件を備えた書面による遺言によって行ないます。次に、死因贈与は、形式についての厳格な定めは無いのですが、あなたの死亡によって効力が発生する贈与契約によって行ないます。死因贈与が形式自由とはいっても、確実にあなたの財産を移転するために、書面にしておくことをお勧めします。

また、このどちらを選択するにしても、財産の移転が円滑に行なえるように、遺言には遺言執行者、死因贈与契約にも執行者を定めておくとともに、執行者や寄付先の意思の確認もしておいたほうが良いでしょう。

詳しくは、行政書士等の専門家にお尋ねください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック