2011年02月23日

【暮らしの相談】
相続人が未成年者のときは

Q:今般、夫の母が亡くなりました。夫と夫の父は既に他界しています。夫に兄弟がいないので、夫の子である2人の中学生が相続することになるのでしょうか。


A:ご主人の他界後ご主人のお母様が亡くなっていますので、相続人は中学生のお子さん2人です。遺産は子2人で分けることになります。

しかし、未成年者同士では遺産分割協議ができないので、各子に代理人を付けなければなりません。通常は親権者が代理人となりますが、同じ人が同時に2人の代理人となることはできないので、貴女が一方の子の代理人になった場合、他方の子には特別代理人を家庭裁判所に選任してもらい、そのうえで、代理人同士で遺産分割協議をすることになります。特別代理人を付けずに遺産分割協議をしても効力を生じませんので、注意してください。

詳しくは行政書士等の専門家にご相談ください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。