2011年08月10日

【暮らしの相談】
亡くなった義母に相続人がいない場合は

:私は、夫と夫の父が死亡した後、夫の母と同居し、長年介護をしておりました。その母が先日亡くなり、母には相続人がいないことが分かりました。同居していた家や土地は、全て夫の母の名義です。私はこの家を出て行かなければならないのでしょうか。

:夫の母の相続人不存在が確定したことを前提にしますと、このような場合の遺産の帰属について、民法は「家庭裁判所は被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁故があった者の請求によって、これらの者に、相続財産の全部または一部を与えることができる」としています。この規定によれば、あなたは家庭裁判所に請求することによって、特別の縁故があった者として、遺産の全部又は一部を受け取れる可能性があります。残念ながら、この請求が認められなかった場合は、相続財産は国庫に帰属することになります。

相続制度等につき詳しいことは行政書士等の専門家にご相談下さい。



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、宮前区役所(宮前平駅より徒歩6分、第1火曜13時〜16時)、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。