2006年11月03日

【暮らしの相談】
先日夫が亡くなり、私は外国籍で二人の間には子供もいません・・・

 先日主人が亡くなりましたが、私は外国籍で、子供はいません。夫は、全財産を私に相続させるという内容の遺言書を残していますが、夫には前妻との間に子供が一人いることがわかりました。
この場合遺産相続はどうなるでしょうか?

 あなたが正式な婚姻手続により結婚されているのであれば、日本人の配偶者と同様の相続権があります。

本件の場合、配偶者であるあなた自身と前妻の子のみが法定相続人となり、その法定相続分は、それぞれ2分の1となります。しかし、ご主人の遺言も有効ですから、財産のすべてを相続することが出来ます。

ただし、法律上前妻の子には遺留分というものがありますので、この遺留分を請求された場合(遺留分減殺請求)、遺言があったとしても、全財産をあなたが取得する事はできません。この遺留分の割合は、法律で定められた相続分の2分の1、本件では子として相続できる2分1の半分である4分の1を請求出来ることになります。
もちろん、この遺留分減殺請求というのは、あくまでも権利ですから、請求するかしないかは権利者の意思によります。

神奈川県行政書士会 川崎北支部



相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月第2水曜13時〜16時、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

次回相談日は、11月8日(水)です。
詳細は、こちらをご覧ください。



posted by 川崎北支部 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック