2012年07月13日

【暮らしの相談】
音信のない父の財産処分

 父は8年前に急に姿を消し、その後、まったく音信がありません。このたび、母が施設に入所することになり、父の名義の家を処分して、その資金に充てたいと思いますが、出来ますでしょうか。

 お父様名義の家を、ご家族とはいえ、勝手に処分することは出来ません。

しかし、お父様の生死が8年間わからないのであれば、失踪宣告を得て、相続手続きをするという方法があります。失踪宣告とは、利害関係者が家庭裁判所に申し立てる制度で、通常は7年以上の間、生死不明である場合に、その不明者の生存が最後に確認された時から7年後に死亡したとみなすというものです。生死不明者を死亡したとみなすことで、相続が開始され、相続人の間で協議が成立すれば、家を処分できるという運びになります。

詳しくは、行政書士等の専門家にお尋ねください。


=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、宮前区役所(宮前平駅より徒歩6分、第1火曜13時〜16時)、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2火曜13時〜16時)、多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)、高津区役所(溝の口駅より徒歩3分、第4月曜13時〜16時)、麻生区役所(新百合ヶ丘駅より徒歩1分、第4火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック