2006年12月14日

【暮らしの相談】
10年以上音信不通の弟との遺産分割協議はどうなるでしょう・・・

 私の父が先日亡くなり、遺産分割の協議をしたいと思っていますが、海外に行った弟と10年以上音信不通になっています。
この場合、分割協議はできるのでしょうか?

 遺産分割協議は共同相続人全員でしなければなりませんので、行方不明の弟さんを除いての協議は無効となります。

この場合考えられる方法として次の二つがあります。

1)行方不明者を排除する方法:
生死不明の期間が7年以上の場合、家庭裁判所に失踪宣告の審判を申し立てることができます。この審判が為されると、行方不明になってから7年を経過したときに死亡したものとみなされます。ただし、弟さんに子がいる場合は、その子が代襲相続人として協議に加わることになります。

2)代理人をたてる方法:
家庭裁判所に行方不明者のための財産管理人(不在者財産管理人)を選任してもらいます。裁判所の許可を得てその財産管理人を加え、遺産分割協議を行います。

日本に弟さんの子がいて、相続財産を必要としている場合は1)を、弟が戻ってくる可能性がある場合は2)を選択したらいかがでしょう。


神奈川県行政書士会 川崎北支部



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月第2水曜13時〜16時、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

次回相談日は、平成19年1月10日(水)です。
詳細は、こちらをご覧ください。




posted by 川崎北支部 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。