2007年01月29日

【暮らしの相談】
預金より借金の方が多額なため、父の遺産を放棄したのですが・・・

 父が他界し、母と私とで財産を相続することになりましたが、預金より借金の方が多額なことがわかり、父の遺産を放棄しました。
このまま何もしなくていいのでしょうか?


 放棄しただけではすまない場合もあります。以下を参考にしてください。

【次順位相続人への連絡】
配偶者及び子供が相続を放棄した場合、次順位の直系尊属(祖父・祖母等)が相続人となり、これらの者がいない(または同様に放棄した)場合は、亡くなられた方の兄弟姉妹が相続人となります。
この場合は、次順位相続人の方たちへ連絡しておかれた方が問題ないかもしれません。

【相続不存在】
すべての相続人が放棄した場合、宙に浮いた財産の処理のために、利害関係人などが家庭裁判所へ申立をして、管理人を選任し、財産の処分等をしなければならない場合もあります。

判断に悩む方は、行政書士等の専門家へご相談して下さい。

神奈川県行政書士会 川崎北支部



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月第2水曜13時〜16時、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

次回相談日は、平成19年2月14日(水)です。
詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック