2007年02月16日

【暮らしの相談】
生命保険金の受取人を友人にしたいのですが・・・

 私の生命保険金の受取人を友人にしたいのですが、親族ではないので保険会社に拒まれました。遺言書を書けば、受取人を友人に指定できるのでしょうか?

 親族以外の友人などを死亡保険金の受取人にしたくても、保険会社の規程によって被保険者の「相続人」とだけしか指定できないケースがあるようです。実際に保険金目当ての事件が起きていますので、やむを得ないところもあります。

実際に友人を受取人にしたい場合ですが、受取人の指定は、法律上は保険契約者の意思表示に従うとされており、遺言でも指定できることが判例で認められています。

なお、遺言により受取人を変更した場合は、ご自身の死後、保険会社に通知して受取人の変更手続き等が必要になります。また、通知前に親族の受取人が受け取ってしまう可能性もあるので、誰がその手続きをするのかということまで配慮する必要があります。


神奈川県行政書士会 川崎北支部



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月第2水曜13時〜16時、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

次回相談日は、平成19年3月14日(水)です。
詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック