2007年04月25日

【暮らしの相談】
離婚届に署名押印しましたがやはり思い直しました。夫が役所に出すと言っていますがどうしたら良いでしょうか?

Q 離婚届に署名押印して主人に渡したのですが、すぐに思い直し、今は離婚の意思がありません。離婚の意思がなくなったことを主人に伝えても「離婚届を役所に出す」の一点張りです。

どうしたら良いでしょうか?

A ご質問内容の協議離婚は、夫婦双方の「離婚の意思」を、戸籍法の定めに従って届け出る事によって効力を生じます。

「離婚の意思」は、離婚届を役所の窓口に届け出る時にも必要です。民法に定める協議離婚は、夫婦双方の「離婚の意思」を前提としているからです。ところが、夫婦片方の「離婚の意思」を欠いた離婚届でも、役所に提出され、受理されれば離婚の効力が生じてしまいます。

これを避けるため、離婚届が受理されないように「離婚届の不受理申出書」を役所に提出する方法があります。これは、「提出時点で離婚の意思がなかった事の証明」になり、6ヶ月間離婚届が受理されなくなる法的な効力があります。再提出してさらに6ヶ月間延長することもできます。詳しくは、行政書士にご相談ください。


神奈川県行政書士会 川崎北支部



posted by 川崎北支部 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック