2005年06月15日

電子公証制度上で「行政書士用電子証明書」が使用可能になりました

日本公証人連合会による「公証制度に基礎を置く電子公証制度」としての「電子公証サービス」において、平成17年6月10日付にて「法務省告示第292号」が公布され、「行政書士用電子証明書(ビジネス認証サービスタイプ1-G)」の使用が認められ、平成17年6月13日(月)より使用可能となりました。
 
行政書士用電子証明書は、日本行政書士会連合会が日本商工会議所との提携により行政書士であることを証明する、唯一の属性型電子証明書です。

この、電子証明書は、「電子署名及び認証業務に関する法律」で定められた特定認証業務の認定制度に基づき国の認定を受けているため、行政機関等への電子申請が可能です。
これにより、私たち行政書士は、パソコンで行政手続き等が行えるため、出張等の手間や費用等を削減することがでるようになりました。

posted by 川崎北支部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。