2008年01月10日

【暮らしの相談】
遺産分割の協議は、いつまでにしなければなりませんか?

 最近父が亡くなりました。相続人は母と兄弟姉妹四人です。遺言書はありません。
遺産分割の協議は、いつまでにしなければなりませんか?

 遺産分割の期限について法律上の定めはありません。
相続税の申告期限は10か月以内となっていますが、遺産分割の協議がまとまらなくても、未分割のまま申告し、相続税を支払えます。
いつまでに遺産分割をしないからといって、相続権を失うようなことはありません。

しかし相続放棄や限定承認の申し立ては、相続の開始があったことを知った日から、3か月以内が期限です。
また相続財産を誰が管理し、その管理費用は誰が負担するのかなどの問題もあります。

遺産分割が行われる前に相続人の方が亡くなれば、当事者が増え、次世代で遺産分割の協議をせざるを得ない場合も生じますので、話し合いによる解決が難しくなります。

いずれにせよ、遺産分割を先送りにしてよいことはありません。
なるべく早い時期に話し合い、遺産分割協議書の作成をお勧めします。

詳しくはお近くの行政書士にご相談下さい。


神奈川県行政書士会 川崎北支部



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2水曜13時〜16時)と多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

posted by 川崎北支部 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック