2008年01月10日

【暮らしの相談】
婚姻して妻の姓にした場合に妻の父の遺産相続人になれるでしょうか・・・

 私は、商店を営む一家の一人娘と、戸籍筆頭者を妻とする結婚をし、妻の氏を称して店を手伝って居ります。
これで私は、妻の父の財産を相続でき、商店も継承できると思っていたところ、知り合いから氏を妻と同じにしただけでは、妻の父の財産を相続する事ができないと聞きました。本当でしょうか。

 貴方が、妻の父の財産を相続するためには、妻の父と養子縁組をして、養子になっていることが必要です。
結婚に際し、妻の氏を称したとしても、それは夫婦の共通の氏を妻と同じにしただけのことで、妻の父の養子になったわけではありません。
貴方は、妻の父と養子縁組をしない限り、妻の父の財産を相続することができません。
なお、貴方が、養子になり、相続人となったとしても、妻と平等の立場になるだけで、養父の財産を全部相続できるわけでは有りません。
また、貴方が養父の全財産を継承するために、生前贈与や遺贈を受けたとしても、妻や妻の母から遺留分の減殺を受ければ、結局全財産の承継はできない事になります。


神奈川県行政書士会 川崎北支部



=== 行政書士による定例無料相談 ===
相続・遺言・成年後見相談<暮らしの身近な相談>

毎月、中原区役所(武蔵小杉駅より徒歩5分、第2水曜13時〜16時)と多摩区役所(向ヶ丘遊園駅より徒歩5分、第3火曜13時〜16時)にて「相続・遺言・成年後見」に関する行政書士による無料相談会を開催しています。
ぜひご利用ください。

詳細は、こちらをご覧ください。

posted by 川崎北支部 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。