2008年05月02日

【暮らしの相談】
特定の子供に遺産を多くあげたい時は・・・

私は、妻を10年前に亡くしましたが、二人の子がいます。子は2人とも結婚を機に別居していますが、上の子には世話になっているので、より多く相続させたいと思っています。どうしたら良いのでしょうか。財産は、土地建物の他に、株式と預貯金があります。

2人の子供に法定相続分と異なった遺産を与えたいのであれば、遺言をお勧めします。遺言は、遺産の処分等について、被相続人が定められる唯一の方法ですが、定め方によってその効力に違いが生じることもありますので、注意が必要です。上の子供に、「遺産の○分の○を相続させる」や「○○を相続させる」等の定めで十分とも言えますが、遺言書としては幾つかある方式のなかで、公正証書遺言が安心です。しかし、どの方式の遺言を託しても、下の子供の遺留分を侵害した場合は、遺言どおりにならない場合もあります。
posted by 川崎北支部 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの相談−Q&A− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。